スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


赤ちゃんがこの世にやってくる意味

>みちママさん
>yumeさん
>しーちゃんさん
>ママ子さん
>torapii さん
>二児母さん

コメントありがとうございました!
そして、やっぱり胎内記憶ってあるんだなって。
なんかうれしいですね~

少し前の記事で、優しい母親になりたいって書いたけど、
「雲の上でママをみていたときのこと。」を読んで、
ちょっとだけ気の持ち方が変わったというか何というか、
うまく言えないですけど。

期末テスト最終日、マイケルはやっぱり学校へ行けませんでした。

「おれってほんとに不幸だよね!」

気持ちを私にぶつけてくるマイケル。
「そんなこと無いよ。退院できたし、学校にも少しずつ行けるようになったし。」
って言っても、

「1年2ヶ月も入院して、6年生の思い出なんて何にもないし。
 それなのに母さんはおれが不幸じゃないって言うの?!」


少し前の私だったらそんなことを言われたら、
またガーン!って落ち込んでたでしょう。
でもこの本を読んでいたお陰で、あたたかい気持ちだけは
返すことができたと思います。


《本のあとがきから》
赤ちゃんがこの世にやってくることを決めるのには、
大まかに言って二つの理由があるようです。
 第一に、人の役に立つ、特に最初はおかあさんの役に立つため。
 第二に、自分の人生の目的を果たすため。
赤ちゃんは何より、おかあさんに命のすばらしさに気づいて
もらいたいのです。自分が生まれることで、大好きなおかあさんに
幸せになってもらいたいのです。そして、おかあさんのたましいを
磨くお手伝いをしようとしています。



私たちも、「自分で望んで生まれてきた」ことの意味を
あらためて考えてみたいと思います。
私たちは、親が赤ちゃんを守るものだと思いこんでいます。
ところが、赤ちゃんは文字どおり命がけで両親を
守りにきてきるらしいのです。 ・・・

この本は
産婦人科のお医者さま、池川明先生がお書きになりました。
リヨン社から発行されています。



学校・教育ランキング
心と身体ランキングへ

スポンサーサイト
Commnet : 0
Category : 私のひとり言


Comment

Comment Form


秘密にする
 

プロフィール

ジェニファー

Author:ジェニファー
もの作りを仕事にしている主婦です。

2007年に長男の高校受験、二男の中学受験を終えました。
兄弟で同じ学校の高校・中学に通うことになった二人。
志望校全落ちからの高校生活、急性リンパ性白血病と闘いながらの中学生活を、のんびりと綴っていきます。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

ブログペット

Illustration by ふわふわ。り ・・・ Designed by サリイ
Copyright © Climb Every Mountain All Rights reserved  /  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。