スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


雲の上でママをみていたときのこと。

マイケルは今日も学校へ行けました
期末テスト2日目は無事終了。

土曜日は久々の学校ということと、期末テストということで
本当に疲れたのでしょうね。
14時間も寝ました。
おかげ様で今日はバッチリ
明日は最終日です。
行ければうれしいけど、こんなに頑張ったからどっちでもいいや!


図書館に予約していた本がやっと手元に届きました!
マイケルがまだ入院しているとき、
マイケルと同じ病気でお子さんを亡くされたお母さんのブログで
紹介されていた本。
そのタイトルは、

雲の上でママをみていたときのこと。

雲の上でママ


不思議なタイトルですよね。
胎内記憶というのは話を聞いたことがあるし、
言葉を覚え始めのとき、お腹にいたときのことを
話すとことがあるよと聞いて、2歳くらいのときボビーに聞いてみたら

「まっくらだった。プカプカしてたよ。」

と答えたので、本当なんだなぁと思っていましたが、
この本のお話は、おなかに宿るもっと前の記憶を持っている
子供がいるというのです。

しかも、どのお母さんの子供に生まれるか、
自分で決めること。
みんな順番を待っているんだけど、
ビューンと順番を飛ばして行っちゃう子は
病気だったりとか・・・
不思議だけど心があたたかくなる
お話がいっぱい紹介されています。

息子たちにはそのような記憶はないけれど、
おとぎ話のようだけど、

よい本に出会いました。



学校・教育ランキング
心と身体ランキングへ

スポンサーサイト
Commnet : 6


Comment

胎内記憶・・・
ウチの息子にも聞いたことがあります。
ちゃんと記憶が残っていて不思議だなぁと思いました。
今回紹介されている本も、不思議ですね。
胎内記憶も薄れてしまった今となっては、
息子も覚えていないと思いますが…
ちょっとのぞいてみたい本の一つになりました。

2007/07/10(火) 16:50:09 | URL | みちママ #HTkt7w9A[ 編集]
うちも「真っ暗で温かかったよ。お母さんの声聞こえたよ」と
もう忘れちゃったみたいですけど・・・
残念
2007/07/10(火) 18:35:57 | URL | yume #mQop/nM.[ 編集]
うわ~、聞いてみたかったな~。
そういう話をきいたときには、ウチのこはもうけっこう大きくなっちゃってたんで、聞きしびれてしまいました。
その本、読んでみたいですね。
出版社教えてください。
>どのお母さんの子供に生まれるか、自分で決める・・・
「生んでくれなんて、頼んだ覚えはない」なんて憎まれ口たたいたら、つきつけてやりたい一文ですね。
2007/07/10(火) 23:14:10 | URL | しーちゃん #-[ 編集]
一刀両断
小さい頃に聞いてみたのですが、うちは上も下もその様な記憶はない!との事でした…なんか淋しい。。。

しかも下なんか『なんか赤ちゃんってそこのうちに行きたい!ってお母さんを選んで生まれてくるらしいよ!』って言ったら『そんなはずはない!!選べるんならもっと優しいお母さんの家を選んだ!!』と言い張る始末…(これは最近の話)

いくらいやでも何でももう来ちゃったんだからね!!v-238と、嫌がる息子にベタついて、またまた怒られてしまう母でした。。。
2007/07/11(水) 07:58:46 | URL | ママ子 #-[ 編集]
みなさんはじめましてv-116

今高校生の我が子も5歳の時に「なんでたっくんが泣いてるのにお母さんは来てくれなかったの?」と突然言いました。
私「えっ?いつ?」
たっくん「暗い狭いところで、なんか明かりが見えて白い服着てる人が沢山覗き込んでた所にすっごく明るい電気があったの。それでねたっくんはおかあさーんってないてたのになんで来てくれなかったの?」って。
私は無痛分娩で麻酔がかかっていたのです。
これってきっとその時の話しですよね。
小学校の高学年頃この話をしたのですが、知らないよーそんな事ですってv-12
2007/07/11(水) 18:02:39 | URL | torapii #-[ 編集]
私も聞きました
二人とも何か言ってくれたけど、長男は少し知識が付いて
きた頃だったので、本当に覚えてるの~???って感じでした。
“雲の上でママをみていたときのこと”
私も読んでみたいな・・・v-290
うちの息子も私を選んで生まれてきてくれたのかな?
なんか嬉しくなっちゃうなv-344
2007/07/11(水) 22:16:23 | URL | 二児母 #-[ 編集]

Comment Form


秘密にする
 

プロフィール

ジェニファー

Author:ジェニファー
もの作りを仕事にしている主婦です。

2007年に長男の高校受験、二男の中学受験を終えました。
兄弟で同じ学校の高校・中学に通うことになった二人。
志望校全落ちからの高校生活、急性リンパ性白血病と闘いながらの中学生活を、のんびりと綴っていきます。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

ブログペット

Illustration by ふわふわ。り ・・・ Designed by サリイ
Copyright © Climb Every Mountain All Rights reserved  /  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。